TAKAHASHILABEL kanban

What's New


New

2017年10月2日(2nd Oct. 2017) NEW ALBUM 「箏息吹(KOTOIBUKI)」リリース
New album release!

Made a new Web Page for Gaho and Waccha duo project.
HP作成しました。新曲3曲試聴できるようにしました♪ 箏とヒューマンビートボックス(ボイスパーカッション)とのコラボレーション。30秒のサンプルを聞くことができます。
#1,Gaho(KOTO)のオリジナル曲「小町さくら(KOMACHISAKURA)」
#2,Gaho(KOTO)と WACCHA(BB)のコラボ曲 鏡面(KYOMEN=mirror surface)
#3,そしてGaho(KOTO)と WACCHA(BB)のコラボ曲 風神(FUJIN=GOD of wind)
■■試聴■■/■■Audition■■

箏とボイパの出会いから生まれたアルバム
パリを拠点に活動する箏奏者・高橋雅芳と、声と息のみで様々なサウンドを創り出すボイス・パーカッションのWacchaによるコラボレーションアルバム。 シャープな箏の音色とボイパの組合せは、打楽器との共演とはまたひと味違った温かみのあるサウンドに仕上がっている。(邦楽ジャーナル誌2017年10月号)
【収録曲】
1,光/HIKARI(GAHO作曲)
2,鏡面/KYOMEN(GAHO作曲)
3,小町桜/KOMACHISAKURA(GAHO作曲)
4,ほたる/HOTARU(Waccha作曲)
5,雫/SHIZYKU(GAHO & Waccha 作曲)
6,風神/FUJIN(GAHO作曲)
7,洞窟/DOUKUTSU(GAHO & Waccha 作曲)
8,やさし/YASASHI(GAHO作曲)
9,利休/RIKYU((GAHO作曲)
1~9のアレンジ Waccha
下のフォームから「à Paris」「箏息吹」がご購入いただけます。
■■購入(SSL暗号化)フォームへ■■/■■Buy Now■■

New

スイス国境に近いフランス東部、アルプ圏の山の街、Anncy(アヌシー)で演奏した「手事の第3楽章 輪舌(宮城道雄作曲)」の短縮バージョン。箏は明鏡楽器の「明鏡短琴」を使用しています。 演奏も去ることながら、夕暮れ時のフランス アルプ圏の美しい町並風景と箏の名曲とはミスマッチかと思いましたが、演奏が進むとなんとなく馴染んでいるのが不思議です。 お聞きいただければ幸いです。 演奏時間2分3秒

演奏曲目=Program(日本語/English)
1,手事 3楽章 輪舌(短縮版)/Tegoto(long interlude)3rd movement RINZETSU Short Ver.(宮城道雄作曲/By MIYAGI Michio)



New

A description of French by the performer is included.
2017年7月にパリで開催されたJAPAN EXPO.での高橋雅芳の演奏の公式Videoです。

演奏曲目=Program(日本語/English/Français)
1,手事 1~3楽章 /Tegoto(long interlude)1st~3rd movement(By Michio MIYAGI)
2,小町桜(Komachi Sakura) (By Gaho TAKAHASHI)(
3,鳥のように=TORI-No-Youni/Like a bird/Comme un oiseau (By Tadao SAWAI)

途中で、フランス語で曲などの説明が入ります。約25分と少し長いですが、2017年 第18回 JAPAN EXOPO.PARISが作成した、公式映像ですので結構見ごたえがあります。



New

JAPAN EXPO Paris 18e 公式映像。Gaho TAKAHASHI=箏&Waccha=ボイスパーカッション(ビートボックス)&Miho=書道のコラボ。
2017年7月にパリで開催されたJAPAN EXPO.でのパフォーマンスです。

演奏時間約16分30秒、少し長いですが、2017年 第18回 JAPAN EXOPO.PARISが作成した、公式映像です。



New

The concert's Video at the "Maison de la Radio "on Monday 2nd Ocora Couleurs du Monde's Video with Gahô Takahashi ( Koto) Au delà du Ciel , Yumé ( Rêve), Music & Word by Katsura CreaSion
国営ラジオフランス公開コンサートのビデオが、Daily Motion でアップされました。

1stアルバムà Paris より「La Femme Mystérieus」が放送されました。
放送予定日:8月21日(月)午前4時台
メディア:NHKラジオ第1
番組名:ラジオ深夜便「にっぽんの音」のコーナー   司会:能楽師狂言方 大藏基誠

-----------------------------
にっぽんの音のコーナーでこんな横文字のアルバムの横文字の曲名流して貰えるなんて思ってもみませんでした。


Gaho(Koto) X Nao(Dance) @ ANNECY 
Dancer:Nao Aerstix Koto player: Gahô Takahashi
https://takahashi-label.wixsite.com/aparis
曲名:鳥のように(沢井忠夫)
2017年8月 ANNECY in France



曲名: 風神(FUJIN = GOD of wind 2017年7月 LONDON HYPER EXPOでの演奏です。2017年10月2日リリースの新しいアルバムにも収録されています。



A description of French by the performer is included.
2016年7月にパリで開催されたJAPAN EXPO.での高橋雅芳の演奏です。

演奏曲目=Program(日本語/English/Français)
1,鳥のように=TORI-No-Youni/Like a bird/Comme un oiseau (Tadao SAWAI)
2,水の変態=Mizu-No-Hentai/Variation of water/Variation d'eau (Michio MIYAGI)
3,讃歌=Sanka/Hymn/Hymne (Tadao SAWAI)

途中で、フランス語で曲や箏の紹介が入ります。約24分と少し長いですが、JAPAN EXOPO.が作成した、公式映像ですので結構見ごたえがあります。




TAKAHASHI Gahô


高橋雅芳演奏 手事(宮城道雄作曲)から第一楽章手事



■「à Paris(パリにて)」「箏息吹」 
購入のご案内


à Paris(高橋雅芳作曲)から第3楽章 La Femme Mystérieuse




 箏曲演奏家 TAKAHASHI Gahôが、パリを拠点に活動した2016年に
 パリで作成したアルバム「à Paris」のライナーノートです。

■アルバム「à Paris(パリにて)」について/About an Album "à Paris"

 このアルバムは、宮城道雄作曲の「春の海」、「手事」第一楽章から三楽章、バッハのカンタータ「主よ、人の望みの喜びよ」、そして今回このアルバムのために自身で作曲した「à Paris」の4曲が収録されています。
 2016年、パリ滞在中に演奏していた曲と、パリでの日常生活で感じたふとしたことを曲に表現し収録しました。箏という楽器は日本の伝統楽器であり、世界の中ではワールドミュージックというカテゴリーになるかと思います。 音楽はカテゴライズすることはできますが、音は目には見えない自由なものだと思います。 パリで演奏し、聞いていたお客さんの反応で日本と違うと感じたことは、やはり箏という楽器自体を初めて見る方が多いので、先入観が無いということが大きかったです。 聞いた人のそのままのリアクションは演奏者としては嬉しいことであり、より新たな挑戦をしたいと思いました。
 このアルバムは私にとって、初めての作品であり、次のステップに進む、一つの段階でもあります。今回、以前コンサートで共演したサクソフォニストの高谷羽月さんと、箏の名曲である春の海を収録しました。 箏とサックスの組み合わせは、珍しいこととは思いますが、サックスの音が箏と絶妙に合い、そのことは私にとって新しい発見と驚きでした。 邦楽曲、邦楽曲ながら西洋の楽器であるサクソフォンとの共演、バッハ、自作曲と、4曲8トラックにバラエティーに富んだ曲が収録されています。このCDを聞いて下さる方にも楽しんで頂けたら嬉しいです。


■「à Paris(高橋雅芳作曲)」の曲について/About "à Paris"(by Gaho TAKAHASHI)

「à Paris」


 このアルバムの表題となっている、この曲は、3つの構成からできていて、それぞれに「Thé」「Mille-Feuille」「La Femme Mystérieuse」という名前をつけました。
 パリの、とあるカフェで、夏の昼下がりで天候もよく、ランチタイムが終わった店内は静かで、心地の良い時間でした。待ち合わせていた友人と話し、注文した紅茶のシナモンの香りやティーポットからカップに紅茶を注ぐ情景や、 ぽろぽろと落ちる重なり合うミルフィーユ(ミル フォイユ)の生地のこと。その後、そのカフェでばったりと遭遇した友人の友人のミステリアスな女性。その女性はとても美しく、背が高く、メイクもばっちりで、それでいて気取らない笑顔でした。 挨拶のビスをした時に頬に触れた彼女のファンデーションは品良く厚く、ミステリアスさが漂いました。パリでの普通の日であり、その日常からそれぞれにある背景、人生を想像しながらこの曲を書きました。


「手事」


 この曲は、宮城道雄の作曲で「手事」、「組歌風」、「輪舌」の三楽章からなっています。箏のソロ曲で、古典的な技法がふんだんに使われているのにも関わらず、モダンな雰囲気も感じられる曲です。 箏は曲によって調弦(チューニング)を変えますが、この調弦は壱越、平調子という古典で多く使われる調子で、楽器の音がよく響く調子だと言われています。 ソロ曲ならではの、箏本来の音を感じられる曲です。

「主よ、人の望みの喜びを」


 誰もが耳にしたことがあるのではないかと思う、バッハの曲を箏とサクソフォン用にアレンジしました。バッハの美しい旋律が、重なり合い、追いかけ合って緊張感もあります。
 以前、サックスの高谷さんと教会でコンサートをした時に弾いた曲ですが、好評でしたので、今回のCDにも収録することにしました。

「春の海」


 この曲は、普段あまり純邦楽を聞かない方でも、日本人の方であればお正月によく流れる曲として知られているのではないかと思います。 もともと、箏と尺八の二重奏として宮城道雄が作曲しましたが、その後フランスのヴァイオリンニストのルネ・シュメーによっても演奏されレコード化され有名になりました。 今回、サクソフォンと共演しましたが、楽器の音色によっても表情を変え、箏尺八の二重奏とはまた違う雰囲気を感じて頂けると思います。


■アルバム 「à Paris」CD・DVD版邦楽ジャーナルに掲載

邦楽ジャーナルに紹介



■高橋雅芳 プロフィール

【芸歴】
高知県出身。5歳(数え6歳6月6日)より母、高橋雅楽郁から箏(こと)を習い始める。15歳より箏・三味線を安藤政輝に師事。
東京藝術大学附属音楽高校(箏曲専攻)卒業、東京藝術大学音楽学部邦楽科(生田流箏曲専攻)卒業 同声会会員。正派邦楽会師範。
【主な海外での演奏】
2003年8月 ウィーン ジャパンフェスティバル「エンジョイジャパン」(ウイーンコンチェルトハウス)で演奏。
2005年3月 ヴェネツィア ジャパンフェスティバル(マリブラン劇場)で演奏 。
近年では
2014年8月 在上海日本国総領事館で演奏及び箏体験指導(総領事館内アジア文化センター)。
2015年5月 韓日伝統芸術交流音楽祭(日韓国交正常化50周年記念)で国立釜山国楽院大ホール(국립부산국악원 蓮楽堂)にて演奏。
2016年6月 Maison du Japon Cité Internationale universitaire de Paris(フランス パリ国際大学都市 日本館)にて
      高橋雅芳 箏リサイタル/RECITAL DE KOTO
2016年11月 CD ”à Paris” リリース。
2017年8月 NHK第一ラジオ ラジオ深夜便「にっぽんの音」コーナーで高橋雅芳作曲・演奏の”La Femme Mystérieus”がオンエア。
2017年10月 CD "箏息吹(KOTOIBUKI)” リリース。
【受賞歴】
2005年 第15回全国高校生邦楽コンクール第一位、聴衆が選ぶ「リスナー賞」同時受賞。
2014年 第17回万里の長城杯国際音楽コンクール、邦楽部門第2位。
2015年 第16回大阪国際音楽コンクール民族音楽部門第3位。

■TAKAHASHI Gahô Profile


Given by Gaho Takahashi
She started to learn koto when she was 5 years old from my mother Utaiku Takahashi. She attended Tokyo University of Arts where she received her bachelors degree in music with a focus on koto and shamisen. Since then she had performed around the world, in Italy, Austria and her home country in Japan. She won the national high school student hogaku(Japanese traditional music instrument) competition in 2005, and got 3rd Prize of the FOLK INSTRUMENTS  Osaka International Music Competition in 2015.

■TAKAHASHI Gahô Profile


Donné par Gaho Takahashi
koto (cithare japonaise)  Gahô commence à jouer du koto à l’âge de 5 ans. Initiée par sa mère et Masateru Ando, elle poursuit ses études à l’Université Nationale des Beaux-Arts et de Musique de Tokyo où elle obtient son diplôme. Gahô est lauréate de plusieurs concours et se produit à Vienne, Venise et Shangai, en Corée, ou encore en Australie. Gahô effectue un séjour en France afin de faire connaître davantage son instrument traditionnel.


■リンク/LINK



Le journal sur la vie de la Cité Internationale Universitaire de Paris








2017 20th. Oct. Updated
Ⓟ &© 2017 TAKAHASHI LABEL All Rights Reserved.
カウンター
カウンター カウンター
hjlogo-ss.gif  邦楽の今が最もよく分かる邦楽専門誌です。邦楽ジャーナルへの相互リンクです。
箏の演奏は高橋雅芳まで 高橋雅芳(GAHOKOTO) 高知県出身で東京藝術大学邦楽科生田流箏曲専攻卒業の箏曲演奏家 高橋雅芳のWEB SITEです